スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園の新学期 Ecole maternelle

久しぶりのブログ更新になります。
今までなんだか忙しく毎日を過ごしていました。


さて本題ですが、昨日からフランスの幼稚園
(Ecole maternelle エコールマターネル)が始まりました。
今まで通っていた日本の幼稚園は一旦終わりになり、
双子は楽しかったようで申し訳ないと思っています。

バカンスの間は、双子は昼寝しなくなり
体力的にまだまだでしたので、ドライブして昼寝をしていました。


そして、バカンスが終わりに近づくと
双子は「幼稚園 行く?」と言い始めるようになり
リュックサックを背負って
お弁当(タッパーをお弁当代わりに)を入れ、
楽しそうに遊んで過ごしていました。





9月1日新学期(La rentrée)初登校の日。
幼稚園初はウキウキで「上履きを持っていく?」言ったり
リュックサックを背負って嬉しく登校しましたが。。。



双子のクラスは別々で兄ちゃんはママと二人になった途端大泣き!
「ママ ノン!」と言い続けられて名札を受け取れず。。。
車のおもちゃも興味を持たないで。。。胸が痛みました。
周りのママ達は冷たい目で見られたな〜
(1週間後には兄ちゃんが一人で歩いて行ったので
他のママから「ブラボー」と言われました)

弟ちゃんはパパと一緒だったので
電車で楽しく遊んでパパが出て行こうとすると
大泣きで離れず、ビズをしてバイバイしたそうです。


週末には兄ちゃんは「行かない」と言い
弟ちゃんは「幼稚園行く!」と嬉しそうに言っていました。
月曜日は家から出かける時は泣かないで歩いて行き、
教室に入ると二人とも泣かずに歩いて行きました。

水曜日には兄ちゃんだけ泣きましたが
翌日以降は泣かずにビズとカランで一人で教室に行けるまでに!
日本の幼稚園に行って良かったな〜と思いました。

他の子供達はママンと泣いて引率され
昼食を食べに行っています。


私達の区は共働きでなくても預けられるので
来月から給食(cantine カンティーヌ)に行きます。
やっと自分の時間が持てるし、フランス語の勉強を始められる!!
嬉しいです!!!

でも、双子も「ママが迎えに来ない!」って思って泣き始めるのかな?




ご訪問して頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

泣かずに登園 & パパ出張

とうとう、先週の木曜日に幼稚園に出かけた時に
幼稚園と言葉を出しただけで泣いていたのが、
素直にコート&靴を履いてくれました!!

そして今週はパパが6日間の出張なので
双子と3人で過ごしています。

驚いたのが、靴を自分で履いたり脱いだりするようになったり
パーカーのファスナーも下ろして脱いだりして
少しずつ自立していっていて嬉しくなりました。

毎晩両親がいると必ず夕飯はいつも抱っことせがむけれど
ママ一人なので立って待っているか、
お皿を出してお手伝いをしてくれています。
毎日して欲しいな〜

昼寝は14時ぐらいから寝るリズムになっているので
段々いらなくなってきているのかも。
でも30分は寝ないと夜まで体力が持ちません!

先々週から夜の寝かしつけは夫婦順番で寝かせています。
最初は双子も大泣きでしたが
(弟ちゃんはパパ!兄ちゃんはママ!と泣いていた)
今は泣かずに寝かす直前抱っこしベットで安心して寝ています。
これをするようになって、
これで自分の時間が持てるようになりました。
次のステップは双子は一人で寝ること!

そうそう、夜の寝かしつけで、
今まではパパの同僚とレストランに行く日は
弟ちゃんは大泣きでパパと呼び続けていたので大変でした。

そして、パパの出張の前日から夜泣きが始まり(鼻風邪も始まり)
今日まで4時間の睡眠とベットの横で睡眠4時間(床)で
私も又鼻風邪を引いてしまいました。。

今夜が双子はぐっすり寝てくれるか??
寝て欲しいよ!!睡眠不足だとイライラするしね。


ご訪問して頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

中耳炎&尿路感染症

双子が風邪を引いたりして、ブログの更新が遅くなりました。

5月から家族で風邪を引いて治って、
(私は蓄膿症になったり、声枯れしたり)
又、6月に双子が風邪を引いて、
弟ちゃんは中耳炎になりました。

しまいには毎朝ピピをする度に
「ジジが痛い」「耳痛い」と言っていたので、
小児科の医者が休みだったので
内科の医者に診察してもらったら
「ジジの亀頭が亀裂が入り少し炎症もありますが、
消毒薬のみで大丈夫です」「念の為に尿検査もするよう」と言われ、
薬局で薬を処方してもらいました。

この時、医者は「重症でなさそうので検査する必要もないでしょう」と
言われたが、私達は心配だったので、朝一番の尿検査を持って行き
検査技師にも「このぐらいは問題ないよ」言われました。
(フランス人の言う通りにしなくてよかった)

家に帰宅して消毒液だけでしていても、
弟ちゃんは体調も悪く食欲もなく。

次の日に弟ちゃんが38.5度の高熱が3日間続き
そして、まだピピする度に「ジジが痛い」「耳も痛い」と言うので
これは変だと思い、医者に行く前に検査結果を受け取りに行ったら
検査技師の方が「ウィルスが出てるから
早く医者に診てもらった方がいい」と言われ
病院に行って診察してもらうと「中耳炎と尿路感染症」がありますと。

結果、診察で1時間以上かかったけれど
医者は尿路感染症の方だけの抗生剤を処方し
すぐに家に帰ったら抗生剤を飲み
弟ちゃんは体調も良くなり熱も下がって、食欲も出て治りました。

念のために腹部のエコー検査もして、問題なしでした。

原因は「オムツでカカを長時間付けいてジジに付いていたら、
なる病気」です。
でも、弟ちゃんはオムツを日中付けてないので、
「家か幼稚園のおまるが汚れていたかも?」だそう。



ご訪問して頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2歳7ヶ月の記録

双子も生まれた時は小さかったけれど
今の身長は95㎝近いので、洋服のサイズが4〜5歳を着ています。
体重は兄ちゃんは15㎏、弟ちゃんは14㎏。

日々の幼稚園の効果で、一人で滑り台に滑ったりするようになり
パパとママは嬉しいです。

前までは公園に行っても、パパとママの側を離れない。。
外にいても家と同じベタベタで大丈夫かと心配したけれど
やはり、親元を離れるって大事なんだなと実感しました。

昨日、アパルトマンで親友の女の子が遊びに来て
女の子の名前を読んだり、おもちゃを渡したりして、
大好きな友達として認識し始めています。
今まではお互い認識してるけれど
一緒に遊ぶことはしていませんでした。

そして、言葉も物凄く話すようになって
動詞も使えるようになりました。
文章にはなっていませんが、
単語と命令形で話しができるように。
これは私の言葉をそのまま覚えて話しているので
今後は私の言葉遣いを気をつけていかなければ
いけないかなと思っています。

兄ちゃん→ママァ〜(甘い声で)、待ってぇ〜、
      持って、落ちた、開けて等

フランス語はパパの話す言葉を繰り返して言うようになり
色々単語を覚え始めています。
・弟ちゃん→ぱそん(魚)、ばれん(くじら)、
      どるふぁん(イルカ)

兄ちゃんは日本語優勢で、
弟ちゃんは日本語を話すけど、
外ではフランス語で話すようになりました。


あっそれから、
トイレトレーニングは順調に進んでいます。

兄ちゃんは夜以外は布パンツで過ごせるようになりました。
弟ちゃんは昼寝と夜以外は布パンツで過ごしていますが
どうしても、カカだけがトイレでうまく出すことができず
今までオムツの中でしていました。

でも今夜はトイレでカカを出すことが出きて
弟ちゃんも出すと気持ちがいいと感じたのか、
便秘していたから何度もトイレでカカを出していました。

明日以降弟ちゃんはトイレでカカが出せたら
トイレトレーニング終了に近いですね。

後は夜のオムツがいつになったら外せるか??


ご訪問して頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

弟ちゃん、中耳炎

今朝起きて、弟ちゃんは「耳、痛い」と右耳を触って言って
朝ごはんを食べて、しばらくおもちゃで遊んでいたけれど
又、耳が痛いと言うので抱っこしていました。

その時、右耳を確認したら、
下辺りが膨らんでいるような感じだったので
病院に診せに行き、医者から中耳炎ですと診断されました。
(待合室ではかなり痛い痛いとずっと言っていました。)

フランスでは抗生剤を風邪ぐらいでは処方しなくなったけど
(今月の上旬に咳と声枯れしても薬局で売っているものだけ処方された)
流石に痛がっているので、薬を出してもらいました。

アパルトマンに着いて疲れたのか弟ちゃんはソファーで寝てしまいました。
薬を飲んで欲しかったので、無理やり起こし
薬を飲ませたけれど、すごい嫌がり、
「この薬を飲まなければ耳が痛いのが治らないよ」と説明したら
頑張って飲むようになりました。薬はママでないと飲まない。
それとドリプランシロップを飲ませるのが大変で
1歳ぐらいの時は好んで飲んでいたけれど
現在は大嫌いになってしまい、飲ませるのに一苦労します。

抗生剤と解熱剤で痛みが落ち着いた様子で
夕方からは楽しく遊んでいました。




ご訪問して頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Lico

Author:Lico
2010年にフランス人と結婚、東京にて生活し2014年に双子達とフランスへ移住。旅行、映画、美味しいものやプロヴァンスの町が好き!日本茶アドバイザーの資格があるので、フランスで仕事を見つけたいな〜

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。